これでもう不安にならない!恋愛コミュニケーション術|最良のパートナー選びのための恋愛術

renai15-1.jpg

会話が続かない不安を解消!恋愛のコミュニケーション術

「婚活バスツアーに参加したけど、会話が続かなくて隣の席の人とあまり話せなかった」「異性と話すと緊張して会話を続けられない」などコミュニケーションに関するお悩みを抱えている方は少なくないはずです。気になる人と話す時や婚活中の会話では緊張してしまい「次は何を話そうかな……」と考え込んでしまうこともあるでしょう。今回は誰でもすぐに実践できる恋愛コミュニケーション術のポイントを紹介します。

 

場やシチュエーションを楽しむことが大切

異性と2人きりになると何を話していいか分からず緊張し、表情が硬くなってしまったり、話方もぎこちなくなってしまったりする人もいるでしょう。会話を楽しむための第一歩はその場やシチュエーションを楽しむことです。相手が楽しそうにしていたら、自分も何だか楽しく感じられるようにまずは率先して今の状況を楽しむことを心がけましょう。

 

たとえばインテリアがオシャレなカフェにいる場合は「こんなオシャレなところ来たことないからうれしい」、多くの人でにぎわう居酒屋では「大衆的な雰囲気のある赤ちょうちん系の居酒屋好き」、落ち着いたバーにいる時は「大人の雰囲気があって落ち着いて話せるね」などそれぞれの場面を存分に楽しむことが大切です。まずは自身がいる空間に目を向けることで、場を楽しむ会話につなげることができます。

 

自分の話はしないで相手に話してもらおう

「場を楽しむ会話はできるけど、その後がいつも続かない」という場合、多くの人は「自分が何か話さなきゃ」と考えて焦ってしまいがちです。しかし、会話を続けられる人は、相手に話の主導権を握ってもらうために自分の話はせずに相手への質問を多用します。

 

「いつ」「どこで」「誰と」「どんな目的で」「どうだったのか」など常に相手の会話に関心を持って対応することで、自分の話をしなくても相手が質問に答えてくれることで自然と会話が広がっていくでしょう。人、特に女性は基本的に自分のことを話すことが好きな性質があるので、相手が積極的に質問をしてくれると「興味を持ってくれてうれしいな」と思うようです。

 

そのため相手に気持ち良く話してもらうために質問を繰り返すことで緊張感なく会話を続けることができます。さらに質問の内容次第で相手の価値観を知れます。「今の仕事で楽しいって思うときはどんなとき?」など相手の考えに深く切り込むことで価値観を理解することができるでしょう。

 

良く見せようとするのではなく自然体を心がけること 

質問の引き出しが少ないと「自分の話をしなきゃ」という焦りから緊張感が増し、いつもの自分が出せなくなってしまう場合もあるでしょう。結果的に相手にとって興味のない話を長々としてしまったり、過剰演出をしてしまったりと、違和感を与えてしまう恐れがあります。

 

気になる相手を前にすると必要以上に頑張ろうとしてしまいますが、もっとも大切なことは「自然体」でいることです。もし恋愛が成就したとしても相手に対して虚勢を張っていたとしたら、その後の恋愛も長続きしない可能性があります。そのため、あくまで自然体を意識し、ありのままの自分を相手に見せていくことが重要なポイントなのです。

 

相手に対して色々と質問して話してもらい、相手がリラックスしてきたらこちらもリラックスして会話を続けるなど自然体でいれば、相手に安心感を与えられるでしょう。自分を良く大きく見せようとしても良い結果が得られるとは限らないのです。

 

renai15-2.jpg

 

恋愛コミュニケーションのポイントは、場を楽しみながら相手にさまざまな質問し、自然体でいることを心がけることです。婚活バスツアーで隣になった人と会話をするときや、気になっている異性と初めて食事に行ったりするときに実践してみてください。会話の中で相手と自分の経験に似ているところがあれば、自分の話も織り交ぜながら話をして二人の時間を楽しんでくださいね。

 

 

関東(千葉・東京)、関西(大阪)発の婚活バスツアー「恋するバスコン」はコチラ。

 

男心を真似っこでつかむ「ミラーリング効果」の実践法|最良のパートナー選びのための恋愛術

renai14-1.jpg

小さな真似っこ「ミラーリング」が生む大きな効果

婚活バスツアーなどの出会いの場において、せっかく気になる人がいたとしても相手に興味や好意を持ってもらえなければ恋愛成就は難しくなります。しかし、気になっている人と話す際にちょっとした行動を意識することで、相手の印象に強く残り、好意を持ってもらいやすくなる可能性がグッと高まることもあるのです。今回はそんな恋愛に有効なテクニック「ミラーリング」について紹介します。

 

簡単にすぐ実践できるミラーリングの効果とは

ミラーリングとは、まるで鏡を見ているかのように相手と同じ行動を取ることで親近感を抱かせる心理学の法則の1つ。ミラーリングのミラーは鏡を表しており、対面している相手が自分の振る舞いを真似ることで鏡に映る自分を見ているような錯覚に陥り、好意を持ちやすくなるというのがカラクリです。

 

たとえば、相手が腕を組んだら自分も同じように腕を組んだり、相手がお茶を飲んだらそれを真似してお茶を飲んだりしてみましょう。相手と同じ動作を繰り返すだけで「あなたと似ていますよ」「あなたと同じですよ」というサインを送ることができるのです。

 

人は自分と似ていたり、共通点を持っていたりする人に対して安心感を覚える傾向にあります。そのため、同じような仕草を繰り返すだけでも潜在的なレベルで“気になる存在”に近づけるのかもしれません。この法則を逆手に取って、食事中や会話の中で相手の些細な行動をさりげなく真似することで相手に好意を持ってもらえる可能性も高まることでしょう。

 

恋愛で試したいミラーリングの実践方法

相手に対して親近感を与えるミラーリングは、恋愛においては非常に有効なテクニックです。そのため、意識的に実践することで気になる相手に振り向いてもらえるかもしれません。さらにミラーリングには特別なテクニックもないので、即実践してみることをおすすめします。

 

【婚活バスツアー中に実践できるミラーリング】

 

 

仕草・振る舞いを真似る

婚活バスツアー中、バスの中で気になる異性と話すことに。その時、相手が「足を組んだ」なら、自分も「足を組む」

フリータイム中、気になっている相手が「料理を一口食べた」なら、自分も「料理を一口食べる」

 

会話のテンション、スピードを真似る

バスコンの最中、気になる相手が「楽しそうに話している」なら、自分も「楽しそうに話を聞く」

気になる相手が「ゆっくり話している」なら、自分も「ゆっくりと深く相槌を打つ」

 

上記のように特別難しいことは何もありませんので、婚活バスツアー中でも相手の気を惹くためにもすぐに実践してみましょう。

 

メールやLINEでもミラーリングの効果あり

ちなみにミラーリングは仕草や振る舞いだけには留まりません。たとえばスマホでのメールやLINEなどでの好きな人とのやり取りに関してもミラーリングを応用することが可能です。文字の送信においても相手の出方に合わせることで安心感を与えることができます。

 

【メールやLINEで実践できるミラーリング】

文字数を真似る

バスコンで連絡先を交換した人から連絡が……その時、来た内容が「短い」なら自分も「シンプルに返信」、「長い」なら「ゆっくり丁寧な返信」する

 

返信する間隔を真似る

相手にメールを送ってから1時間後に返信が来たならば、自分も1時間ほど間隔を空けて返信する。

 

短い内容のメールに長文を返信してしまうと、「重そう」や「面倒くさい」といった印象を与えてしまいかねません。また長い内容に短文での返信は「冷たい」や「興味ないのかな」といった印象を与えてしまう可能性があります。また、人にはそれぞれ生活のリズムがあります。返信が遅かったとしても決して悪気があるのではなく、それも相手の習慣なのです。相手のリズムに合わせることで好意を持ってもらえる可能性が高くなるでしょう。

 

応用テクニック「クロスオーバーミラーリング」

ミラーリングの基本をしっかり押さえることができたのであれば、次は応用テクニックである「クロスオーバーミラーリング」を実践してみましょう。通常のミラーリングは相手と同じ仕草や振る舞いをするものでしたが、クロスオーバーミラーリングは相手と似ているけれども、まったく同じではない類似の動作をするものです。ミラーリングは時にわざとらしいという印象を相手に与えてしまうこともありますが、クロスオーバーミラーリングはその点の心配はありません。

 

【すぐに実践できるクロスオーバーミラーリング

 

 

違うもの、違う部位で真似をする

婚活バスツアー中、バスの中で気になる異性と話すことに。その際に相手が「腕を組んだ」なら、自分は「足を組む」

フリータイム中、気になっている相手が一口「料理を食べた」なら、自分は「飲み物を飲む」

 

小さくさりげなく真似をする

気になる異性と話している時、相手が「足を組んだ」なら、自分は「足首を交差させる程度に足を組む」

 

時間差で真似をする

相手が腕を組んだ際、「5秒~1分程時間を空けて」自分も足を組む。

 

 

上記のように相手をちょっと真似る方がむしろ気になるケースもあるかもしれません。多少時間が空いても自然な流れでミラーリング・クロスオーバーミラーリングすることで、じわじわと相手に自身の存在を気にならせることができるでしょう。

 

renai14-2.jpg

 

ミラーリングは恋愛において非常に効果的な手段の1つです。しかし、あからさまな対応は相手に不信感を抱かせることもあるので、あくまでも自然にやることを意識しましょう。婚活バスツアーでは多くの異性と出会うことになります、気になった人の真似っこをさりげなくすることで相手からも好意を持ってもらえるかもしれません。適度にミラーリングを活用して素敵な恋愛を成就させましょう!

 

 

関東(千葉・東京)、関西(大阪)発の婚活バスツアー「恋するバスコン」はコチラ。

 

熱出そう……初デートで緊張しないために前もってできること|最良のパートナー選びのための恋愛術

先人から学ぶ!初めてのデートでやりがちな失敗の対策を練ろう

renai13-1.jpg

 

「初デートで相手に嫌われたらどうしよう?」と理由もなく不安になってはいませんか。誰にとっても初めてのことには緊張が付き物ではありますが、なるべくリラックスして臨めるかが重要なポイントとなります。焦ってドジをやらかさないためにも、初デートでやりがちな失敗の傾向をあらかじめ知っておくことで対策を前もって考えておくことができるでしょう。すべてのカップルが経験する初デート、先輩カップルたちはどんなシチュエーションを経験してきたのでしょうか。

 

どこに行っても待ち時間!運行時刻の確認や席の予約は忘れずに!

自分の中である程度明確なデートプランやデートコースが決まっていても、「相手の同意を得るまで予約は待とう」という慎重派がやりがちなのが、待ち時間が長くなる段取り不足のミス。よほど会話に自信がある人は別として、初デートでの気まずい待ち時間はできる限り短くしたいものです。想像以上に待ち時間が長くなることでデートの時間を「つまらない」と思われないように注意しましょう。

 

初デートでは相手への遠慮のあまり予定にゆとりを作りがちですが、「今日のデートのメインはここ!」と2人で共通認識を持ち、席の予約をしておくと一日の行動予定も立てやすくなるでしょう。デートの予定を立てるために相手と早期にコミュニケーションをとっておけば、初デートの前に相手との距離を縮めておくことができるはずです。

 

またお店の定休日や天候不順による乗り物の運休にも気をつけなければなりません。デートコースがある程度決まっている場合は、周辺施設も事前にチェックしておいて代替案まで考えておくと、もしもの時にも落ち着いた提案ができるでしょう。

 

気づけば歩行距離20キロ!?お散歩デートの落とし穴

もし途中で疲れても、相手に気を遣いすぎてしまうのが初デートです。一日でたくさんの場所を回ろうとする場合には歩行距離に注意してください。体力に自信のある2人でも靴ずれを起こせば元気に歩けなくなります。夏場は熱中症、冬場は厳しい寒さに見舞われる危険があるので、電車やバスを適宜使って、デートを最後まで楽しむための体力温存を考えたプランを考えましょう。

 

また、すぐ近くにトイレがないというのもお散歩デートならではのアクシデントです。食事やお茶の後にはお店のトイレで用を済ませておきましょう。散歩中に「私の眉毛消えてないかな?」と不安な気持ちを抱えたままではせっかくのデートに集中できなくなってしまいますので、汗をかく場合も多いお散歩デートでは、この時間を利用して女性はメイク直しが必須です。

 

朝にバタバタして遅刻……デート服や持ち物は前日までに準備しよう

服装に迷ったり、いつもより化粧に気合いを入れたりして、集合時間に遅刻してしまうことは女性がしがちな失敗です。相手が集合時間の前に到着していた場合は、遅れた時間以上に待たせることになってしまいます。「最初の挨拶がごめん!」からではスタートダッシュは確実に失敗に終わってしまうでしょう。

 

デートの時間に遅れず、デート中のあらゆるシチュエーションで焦らないためには前日までの準備が大切です。当日の服装はもちろんのことながら、ハンカチやティッシュなどの衛生用品、もしもの時に備える携帯の簡易バッテリー、屋外デートならレジャーシートなども用意しておくと良いでしょう。

 

また、持っていると便利なのがミント系のガムやタブレット菓子です。食事の後に「食べる?」と差し出せば、自分も相手も遠慮なく顔を近づけられるので、相手との距離をぐっと縮めるにはおすすめです。

 

renai13-2.jpg

 

初デートに必要な準備は持ち物だけではありません。相手とどのくらい仲良くなりたいのか具体的なイメージを持っておくことも大切な“心の準備”です。話が途切れないように相手に学生時代の部活ことを聞いてみようとか、流行りのお笑いタレントをチェックしたり、都市伝説を仕入れておいたりするなど会話を楽しくするための工夫を考えておきましょう。その気持ちの準備が2人の時間を楽しむためのカギになるかもしれません。

 

 

関東(千葉・東京)、関西(大阪)発の婚活バスツアー「恋するバスコン」はコチラ。

 

ちょっと変わった出会いで始まる恋愛|最良のパートナー選びのための恋愛術

こんな出会いもあり?ちょっと変わった恋愛の始まり

renai12-1.jpg

 

恋愛がしたいけれど、「気の合う異性に出会う機会がない」という方は世の中にたくさんいるのではないでしょうか。たしかに大人になると、合コンや婚活バスツアーに参加でもしない限り、出会いの場が少なく、異性と恋愛関係に発展するのも一苦労するかもしれません。しかし、そんな中でも意外な場所で意外なシチュエーションで、運命の相手と出会ってしまうという夢のような話も時には存在するのです。今回は、ちょっと変わった出会い方について紹介していきます。

 

旅先で巡り合った思わぬ出会い

仕事に追われる日常を離れ、見知らぬ地で非日常の時間を謳歌する――そんないつもと違う時間の過ごし方ができる旅行中は、恋愛においても思わぬチャンスがあるかもしれません。いつもとは違う誰も自分を知らない場所にいるという解放感に包まれ、通常より積極的な自分を出せるパターンが多くなるようです。

 

旅先での体験イベントに参加したところ、たまたま知り合った素敵な男性と意気投合して恋に発展する――なんてことも実は珍しいことではありません。たとえ恋愛目的でなかったとしても、普段の行動範囲から1歩外に出れば、意外な出会いに巡り合えるかもしれません。自分だけではそういった体験イベントに参加するのが恥ずかしいという方には、婚活バスツアーなどといった婚活とバスツアーが一体となったイベントもあるため、試してみてはいかがでしょうか。

 

事故によって仲が急接近する場合も

どんな時であれ、誰しも交通事故には遭遇したくなどないでしょう。しかし、中には交通事故から恋愛に発展したという稀なケースもあるそうです。もちろん、大きな損害が発生するような大きな事故の場合はそうした発展は難しくなりますが、事故という予想もしないハプニングが起こると、その後の対応によって相手の本質が見えることがわかります。その際の紳士的な対応に心が揺れ動くということもあるそうです。

 

また、事後対応について頻繁に連絡を取り合うなかで、場合によっては2人の仲が急接近する、なんてこともあります。ハプニングゆえの奇跡と言えるでしょう。ただ、だからといって当然ながら出会い目的に事故を起こすのはご法度です。そうした不届き者には、素敵な未来が訪れることはないことはここで断言しておきます。

 

オンラインゲームで出会い意気投合

ゲームと聞くと恋愛や出会いからは程遠い言葉に聞こえるかもしれませんが、実はネット上で不特定多数の人数とやり取りをするオンラインゲームは、異性との出会いに溢れているのです。ゲームによってはチャットが可能なものもあるため、「良いな」と思う相手がいるのならまずはそこで交流をしっかりと深めていき、上手く発展すれば「オフで会ってみない?」という展開になる可能性もあります。

 

すでに「ゲーム」という共通の趣味を持っているため、実際に会った時も会話が弾んでいくのではないでしょうか。インターネットが発展して出会いのカタチもさまざまになってきた昨今を象徴するかのようなパターンですが、気の合うパートナーを探すうえでは意外と合理的な方法かもしれません。

 

renai12-2.jpg

 

世の中には思わぬ場所や思わぬ状況から異性と出会い、恋愛に発展していくケースがたくさんあります。自分には出会いがないから恋愛は難しいなどと思わず、いつか、どこかで意外な出会いがあった時にそれを逃さぬよう、しっかりとアンテナを張っておくことが大切です。

 

 

関東(千葉・東京)、関西(大阪)発の婚活バスツアー「恋するバスコン」はコチラ。

 

一途な紳士を求める方にオススメの恋愛初心者男子|最良のパートナー選びのための恋愛術

一途な男性と付き合いたい人必見!恋愛初心者男子のススメ

renai11-1.jpg

 

出会いを求めて参加したパーティーや婚活バスツアー、「どうせなら高収入でイケメン、女性の扱いもスマートで見るからに“モテそう”な男性とお近づきになりたい」と思う方は多いと思います。しかし、本当に「いかにもモテそうなハイスペック男子」だけが魅力的な男性と言えるのでしょうか?あなたがスルーした男性の中には、実は「恋愛経験が少なくて女性に上手くアピールできない」だけで、「内面はとても魅力的」な方がいるかもしれません。今回はそんな出会いの場でイマイチ目立たない「恋愛初心者男子」の隠れた魅力についてお話しします。

 

実はメリットがたくさん!恋愛初心者男子との恋

恋愛初心者男子との恋というと、「リードしてくれなさそう」「つまらなそう」などマイナスイメージを抱きがちですが、実はメリットもたくさんあるのです。まず、恋愛に奥手な男性はなかなか女性に心を開けない分、一度好きになった女性のことを大切にし、一途に思い続ける人が多いと言われています。「モテない」と感じている男性ほど、女性とお近づきになる千載一遇のチャンスを大切にする可能性が高まるはずです。

 

また、恋愛経験が少ないとデートや記念日のお祝いなどのイベントに慣れていない可能性が高いため、不慣れな中であなたのために一生懸命頑張ってくれる姿が見られるかもしれません。「恋愛達者で何につけてもこなれている男性よりも、不器用でもいいから一途な人に真剣に愛されたい!」という方には、恋愛初心者男子はもってこいの相手と言えます。

 

さらに、元カノや女友達が少ない、モテるタイプではないので女性に言い寄られる機会があまりないなどの理由から、嫉妬しやすい女性でも安心して付き合えます。モテないことを逆手に取ってプラスに考えることで、より安定した付き合いができるのではないでしょうか。

 

恋愛初心者男子の特徴

では、そんな恋愛初心者男子はどうやって見分けたら良いのでしょうか。一般的には恋愛経験の少ない男性はシャイなことが多く、婚活バスツアーや合コンなどの出会いの場でもあまり目立つタイプではありません。女性と話す機会があっても目を合わせようとしなかったり、顔を赤くしたり、上手く会話を続けられずに焦ってしまったり……こんな特徴がある男性は「恋愛初心者男子」の可能性が大です。

 

目を合わせてくれなかったり、会話が続かなかったりすると「話したくないのかな」とつい思いがちですが、出会いの場に来ているということは女性との出会いを求めているということ。緊張しているか、あるいは女性と話すのに慣れていないだけのことが多いようです。

 

「相手からアプローチしてくれないから」と可能性を切り捨てるのではなく、相手の性格を察してさりげなくフォローしてあげることで心の距離が少し近づくのではないでしょうか。特に相手が恋愛初心者男子であれば、そんなあなたの行動に対して好意を抱いてくれるかもしれません。

 

恋愛初心者男子と出会いの場で打ち解けるには?

恋愛にウブで奥手な男性と仲良くなるには、相手が安心する優しい雰囲気を醸し出すことやあなたから積極的に話しかけることが大切です。まずは笑顔を心がけ、気さくに話しかけてみましょう。その最初のハードルを越えるだけで、一気に打ち解けられる可能性もあります。

 

声をかけた後は、相手の好きな物や趣味について質問したり、お互いの共通点を話題にしたりしてみるのがオススメ。スムーズに話せなくても急かすことなく、笑顔でうなずきながら聞いてあげると次第に心を開いてくれます。自然な会話ができるようになってくると、それまで見えにくかった相手の魅力がだんだんと感じられるようになるかもしれません。

 

renai11-2.jpg

 

出会いの場には、「モテそう」な人や目立つ人でなくとも魅力的な男性がたくさんいます。今回ご紹介した「恋愛初心者男子」もその一部。次の婚活バスツアーでは、「いかにもモテそう」な男性にない魅力がありながら競争率が下がる「恋愛初心者男子」にぜひ注目してみましょう!

 

 

関東(千葉・東京)、関西(大阪)発の婚活バスツアー「恋するバスコン」はコチラ。

 

私は彼の本命?行動に隠された男の本気度とは|最良のパートナー選びのための恋愛術

renai10-1.jpg

この行動の理由とは?男の本気度に迫る

「婚活バスツアー中はやたら目が合っていたけど、LINEの返事は全然返ってこない」「男性がどう思っているのかがわからない」など恋の進展がうまくいかずに悩んでいる女性も多いのではないでしょうか?ただ、男性がド直球にアプローチをしてこなかったとしても、なかなか本音を見せないようにする人もいるように男性のタイプもさまざまです。ただ、男性が本気になった際に女性についついしてしまう行動があるのも確かです。今回はそんな男性の行動に隠された本気度に迫っていきます。

 

男性が本気の女性に対して送るLINEとは

近年、もっとも身近なコミュニケーションツールとして、若者を中心に普及しているメッセージアプリであるLINE。いまや恋愛の進展もLINE抜きには語れなくなってきています。したがって、恋愛の本気度を確かめるうえでも、LINEは確かな判断材料となります。では、男性が本命の女性にだけ送るLINEにはどのような特徴があるのでしょうか。

 

その1:自身の自慢話

本命女性に「すごい」「かっこいい」と思われたい人は、自分の自慢話をする傾向にあります。自慢話が多かったら、あなたにいいところを見せたいと考えている可能性が高いと言えます。

 

その2:返信が早い

好きな人とたくさん連絡をとりたいと思うのは女性も男性も同じ。女性から連絡がきたらすぐに返信し、連絡が遅れた場合は「返信遅くなってごめんね」など気遣いをする場合は、あなたとの連絡を常に取り続けたいと考えているのでしょう。

 

その3:LINEのテイストを相手に合わせる

あなたがスタンプや絵文字を多く使うタイプで、相手の男性が使わないタイプだったとしても、あなたに合わせてときどき同じようなスタンプや絵文字を使う場合は脈ありです。「あなたに合わせていきたい」というサインでしょう。

 

忙しくてもあなたのために時間を作ってくれていますか?

上記で紹介したLINEの例にもありますが、好意のある相手に対して男性は自分をよく見せたり、相手に合わせたりする傾向があります。そのため、意中の相手と約束を取りつけることができるのであれば、他の用事があってもそれをキャンセルするくらいの気概を見せてくることもあるでしょう。

 

男性は本気の女性に対して、どれだけ忙しくても時間をとります。「じゃあまた連絡するね」と言いながらなかなか連絡が来ないケースや、「その日忙しいわ。ごめんね」とスケジュールを確認せずに断られる場合は、残念ながら本命とは思われていないでしょう。

 

本気度が高い場合は、「その日は職場の人と飲みに行かなきゃいけない」と断りを入れながらも、「○○日はどう?」など代替案を提示してくるケースが多くなります。どうしても外せない用事は優先させても、別日程であなたと会うための時間を確保するように動くはずです。

 

本気度高め!過去の自らの話を語る男

その他にも男性の本気度を確かめる手段があります。それは過去の自分について語るパターンです。女性からしたら、「過去の話をなぜほじくり出してくるの?」と不機嫌になる人もいるようですが、男性側からしたら、自分の考えを深く知ってほしいと考えているサインでもあるのです。

 

婚活バスツアーが終わってから何回か意中の彼と会っている中で、「なんで元カノの話してくるんだろう」「なんで過去の素行の悪さを話してくるんだろう……友達としか見られていないのかな」と思ってしまう女性も多いのではないでしょうか?彼と出会ったばかりであれば、そう考えてしまうのも無理はないでしょう。

 

しかし、男性は基本的にプライドが高いと言われているのになぜあなたに過去の恋愛話やあまり知られたくないことを話すのでしょう。それは、あなたに「こんな自分だけど受け入れてほしいな」「好きだからこそ過去を隠してこの子と付き合うのは心苦しい」と思っている証拠です。過去の話を真面目にしてくる場合、ただの付き合いではなく真剣に交際を考えているレベルであなたに好意を寄せているのかもしれません。

 

renai10-2.jpg

 

「意中の彼が自分のことを本命視しているか知りたい」と思っている方は、今回のコラムの内容で思い当たるふしがないか確かめてみましょう。いつも当たり障りのない話題の会話や、男性の都合のいい時しか会えない場合は、本気度が低く本命と思ってもらえていないかもしれません。LINEや会話の内容、そしてどれだけ自分に時間をとってくれているかを見ることで男性の本気度が見えてくるでしょう。

 

 

関東(千葉・東京)、関西(大阪)発の婚活バスツアー「恋するバスコン」はコチラ。

 

連絡がマメなタイプは本当にモテるのか?|最良のパートナー選びのための恋愛術

「連絡がマメ=モテる男性」というのは本当?

renai9-1.jpg

 

「婚活バスツアーに参加して気になるあの子の連絡先をゲット!たくさん連絡しないと!」と思っている方は一度冷静になりましょう。出会ってすぐ頻繁に連絡をすると女性から“しつこい男性”と思われてしまう場合もあるからです。ただ、多くの女性が理想の相手として「マメな男性」を挙げているのもまた事実。では一体マメな人としつこい人は何が違うのでしょうか?今回はマメ男について検証しつつ、「連絡がマメだと本当にモテるのか?」という疑問に迫ります。

 

マメな人がモテるといわれる所以とは?

マメな男性がモテる理由は「女性が男性から大事に想われている」と感じることに他なりません。マメな男性は観察力があると言われており、「今女性の気分はどんな感じかな」「忙しくしているのかな」と相手の視点に立って考えることができるので、その気遣いに対して女性側としても信頼感を抱きます。

 

マメな男性の特徴として「毎日の連絡は欠かさない」「小さなことにもありがとう、ごめんねを言える」「会話の内容を覚えている」などが挙げられます。マメに連絡することは相手との接触回数を増やすことにもつながるため、相手に関心を持ってもらうための一つの手段なのです。反対に女性から「しつこい」と思われてしまう男性の特徴は常に“自分目線”。返信が来ていないのにかぶせてメールを送ったり、自分が会いたいから相手の予定をしつこく聞いたりしてしまう男性は、“しつこい男”と思われている可能性が高いでしょう。

 

つまり、マメであることは相手の気持ちを察する能力が長けていて、“適度に相手のことを気遣える人”のことを指します。したがって「連絡の頻度が高いことがマメである」という認識は単なる勘違いなので、注意が必要です。

 

連絡の頻度によっては評価を落とすケースも

では、実際にどれくらいの連絡頻度で女性は「しつこい」と思うのでしょうか?出会って間もないのであれば1~2日で3~4通あたりがちょうどいいと言えるでしょう。5~10通以上になると「この人、付き合ったら束縛激しそう」「連絡が多くて面倒くさい」「しつこいしなんか怖い」と評価が落ちることもあります。デート前に評価を下げてしまうと、デートを断られたり、連絡も無視されたりする恐れもあるので気をつけましょう。

 

また、女性側が好意を抱いている時は、ちょっと状況が変わるのでここも注意すべきで点です。同じ対応でも好意を持たれている人とそうでない人とでは、相手の捉え方も異なります。そういう意味でも“適度に相手のことを気遣える人”は相手の気持ちを察することができるタイプなので、脈なしのときは深入りしない傾向があるようです。

 

重要なのは相手への思い遣りの精神

「この人マメな男性だな」と思ってもらうには、相手の気持ちを最優先に考えることです。相手のメール頻度に合わせて連絡をとったり、相手が好きそうな話題に触れたりと相手目線で考えられるかが“しつこい男”と“マメ男”を分けるポイントとなるでしょう。「疲れていそうだからゆっくり休んでね」など無理にメールを続けさせないこともポイントです。

 

恋愛において重要なことは、自分の気持ちを押しつけるだけではうまくいかないということ。いくら自分がものすごく相手のことが好きだったとしても、相手も同様に自身に対して気を持ってもらえなければ、恋愛は成就しないでしょう。相手と足並みを合わせて同じテンポで連絡を取り合うことは恋愛の基本であり、基本に忠実にそして誠実に相手と接することで意中の相手が受ける印象も変わるのではないでしょうか。

 

renai9-2.jpg

 

相手目線の“マメ男”は、女性側からすると安心できる要素が多いため、“モテ男”でもあると言えます。しかし、自分目線で連絡をしてしまうと“しつこい男”と思われるので注意しましょう。相手とのバランスを考えて連絡をとり、理想の女性をゲットできるように頑張ってみてください。

 

 

関東(千葉・東京)、関西(大阪)発の婚活バスツアー「恋するバスコン」はコチラ。

 

お酒は諸刃の剣!失敗談から学ぶ教訓|最良のパートナー選びのための恋愛術

お酒の力を利用して恋愛成就させるためには?

renai8-1.jpg

 

お酒は飲むことで会話が弾み、コミュニケーションを円滑に行うことに非常に効果的なものだと言えます。またお酒を飲んでほんのり赤くなった顔や普段より少し大胆な行動にドキッとする男性も数多くいるようです。上手に使えば恋愛にとって大きな武器となるお酒ですが、お酒は「諸刃の剣」。とんでもない失敗を引き起こしてしまう可能性も……。今回はお酒の失敗例を交えながら、注意するべきポイントをご紹介したいと思います。

 

お酒を飲み過ぎることでとんでもない失敗をすることも

緊張をほぐすためや、その場の雰囲気でついつい飲みすぎてしまい、「その場で」「帰り道に」「好きな人の前で」などさまざまな場面で粗相してしまう……また、飲みすぎてトイレに駆け込んだのは良かったけど、その場で寝てしまった……なんてこともあるのではないでしょうか。お酒好きの人なら自分がどれくらい飲めるのかを把握できていることが多いので失敗は少なくなりますが、普段からお酒をよく飲むタイプでない場合は特に注意が必要です。

 

また、お酒を飲むと身体が火照ってついつい取り乱してしまいがち。訳もわからず泣き叫ぶ「泣き上戸」や服を脱いでしまう「脱ぎ上戸」なども周囲に迷惑をかけてしまう癖を持っている人は特に節度を持ってお酒を楽しみましょう。また、酔うとスキンシップを過剰にしすぎる人もいるようで、「キス魔」などはその典型です。ただ、行き過ぎたコミュニケーションはトラブルに発展する可能性が高いので、男女問わずそうした行動は控えてください。最悪の場合は相手から訴えられるなんてこともあり得ます。

 

また、時には「朝起きると隣には男性が……!?」などというまるでドラマのワンシーンのような失敗をすることもあるかもしれません。恋愛対象として真剣に付き合いたいと思う相手であればまだしもですが、そうした軽率な行為はなるべく控えたいところ。お酒の勢いでハメを外しすぎるとろくなことにならないと言えるでしょう。

 

お酒は嗜むくらいがベスト!お酒に飲まれてはいけない

「酒は飲んでも飲まれるな」という言葉が示すように、お酒を飲む際は自身でコントロールできる程度に抑える必要があるでしょう。特に初対面の人と出会う合コンや婚活バスツアーなどの出会いの場において泥酔してしまうなんてことはもってのほかでしょう。お酒は嗜むくらいがベストであり、その場での会話やイベントなどを盛り上げる一つの手段として考えることが必要です。

 

「お酒を飲まないと緊張してしゃべれない」なんて人もたまにいますが、そういう人こそ特にお酒の量には注意しましょう。出会いの場では自分だけが楽しくなりすぎてもまるで意味がありません。相手や周囲への気遣いができてこそ、楽しい場となるのであり、そういう相手への配慮ができる人こそが飲みの席でライバルたちを一歩リードできるのではないでしょうか。

 

節度ある対応がお酒の席での最低限のマナー

“相手への配慮”について少し触れましたが、飲みの席では自分よがりな行動とは真逆の思い遣りのある対応をすることで、一気に周囲のハートをつかむことができるかもしれません。たとえばお酒があまり強くなく具合悪そうにしている人に「大丈夫ですか?」と一言声かけをするだけでも印象は変わります。場合によっては看病までしてあげることによって、お互いの距離をグッと縮めるきっかけになることもあります。

 

酒の席で楽しくなってみんなで盛り上がることも大切ですが、常に自分を冷静に保つことは最低限のマナーです。そうしたマナーがなっていない人は異性としてどうこうという前に、人として相手に評価してもらえないかもしれません。恋愛対象にすらなれないようでは明るい未来は期待できないだけに、お酒の席では節度を持って対応することを最低限のマナーとしてしましょう。

 

renai8-2.jpg

 

合コンや街コンでの飲み会や婚活バスツアーでの食事会など楽しい宴の場では、ついついお酒の力も借りてハメを外してしまいがちです。ただ、そうした場面こそ自分の飲める範囲を超えて無茶ぶりをすることなく、一歩引いた冷静な視点を持ち合わせることが大切です。

 

「飲み過ぎて失敗した」と後々に嘆いても、過ぎてしまったものはどうしようもありません。後悔するくらいであれば、お酒の席ではちょっと控えめな対応に徹して相手への配慮を心がけてみてはいかがでしょうか。

 

 

関東(千葉・東京)、関西(大阪)発の婚活バスツアー「恋するバスコン」はコチラ。

 

あの人との距離を縮めるポジション取り|最良のパートナー選びのための恋愛術

renai7-1.jpg

異性と仲良くなる秘訣は、ポジション取りにあった

「あの人ともっと話したい!」という気持ちはあるのに距離が遠すぎて声が通らなかったという悲しい経験はありませんか?せっかくタイプの人に出会っても、コミュニケーションを取る機会がなければ、チャンスをものにできません!今回のコラムでは、そうした“ポジション取りの失敗”によって、大人数での食事の席で気になる相手とうまく話せたことのないという方に対して、ちょっとしたコツを伝授していきます。

 

合コンの序盤、無理にテンションを上げなくていい位置取り

合コンや街コン、婚活バスツアーなどの食事の席など、面識のない男女が一つのテーブルを囲んで話をする際には、緊張がつきもの。緊張することでいつもの自分が出せなかったり、相手に対して「暗い人」という印象を与えたりしかねないので、そこは頑張って積極的に振る舞うように心がけることが大切です。まず簡単にできる解消法として、人見知りの人はテーブルの下座(いちばん入口に近い席)を選んで座ることをおすすめします。

 

この位置は、みんなの注文を聞き出して、店員さんに伝えなければならない注文係の席です。少々面倒な役割ではありますが、率先してその役回りに徹することによって、「親切な人だな」という印象を与えることができるかもしれません。お酒が進めばみんな勝手に注文し始めるので、最初の気まずい時間はこの席で乗り切りましょう。この間に飲み物の注文をまとめながらも、相手方のメンツをよく見て、自分と相性がよさそうな人を見極めてください。

 

気になる異性の斜め前を意識せよ

乾杯から時間がたって、ある程度場が盛り上がったら、いよいよあなたが意中の人と会話をするために動き出すときです。お手洗いを口実に、そっとその場を離れましょう。ここでのポイントは、そのあと自分がどの席に戻るかといこと。絶対に今まで座っていた場所には戻らないことが大切です。乾杯のタイミングで相性を見極めた、気になる相手の斜め前に座ることを意識してください。

 

心理学の世界では、初対面の人と話が盛り上がりやすい位置は相手の斜め前と言われています。

隣ほど警戒心を与えず、正面より控え目に存在をアピールできる“ちょうどいいポジション”なのです。さりげなく相手の視界に入る程度の方がほどよい自己主張ができるので、まずは斜め前のポジションを死守して何とかチャンスを自分で作りましょう。

 

斜め前の位置で使える、合コン用メンタリズム

斜め前に着席した後は、できる限り自然体で相手と会話をすることに集中してください。相手と初対面の出会いの場では、これ以上無理をする必要はありません。相手の好きなものを知り、自分の趣味を聞いてもらう……そんな基本的なことができれば十分です。その場だけで進展を期待しすぎて前のめりになりすぎると、逆に悪印象を与えてしまうかもしれないので注意しましょう。

 

しかし、それだけでは恋仲に発展しないケースもあるので、押しが弱いと感じた時はプラスして“相手に好印象を与える裏技”を試してみてください。それは相手の行動と自分の行動を似せる「ミラーリング」という手法です。相手がお酒を飲み干したら、一緒にグラスを空け、相手が笑う時は自分も笑いましょう。人間は自分と似ている相手に対して安心感を覚える習性があります。ミラーリングを利用すれば、無意識のうちに相手に心開いてもらえるでしょう。

 

renai7-2.jpg

 

人見知りのあなたでも、できることから始めてみることで徐々に手応えをつかむことができるかもしれません。すぐに実践できなくてもいいので、まずは合コンや婚活バスツアーなどの出会いの場への参加率を上げることで実用的なテクニックとして身につけていきましょう。そうすることで、素敵な人と恋仲になれる確率が少しは上がるはずです。

 

 

関東(千葉・東京)、関西(大阪)発の婚活バスツアー「恋するバスコン」はコチラ。

 

正反対の相手に惹かれる「相補性の法則」とは?|最良のパートナー選びのための恋愛術

renai6-1.jpg

自分にないものを持っていると魅力的に映るのはナゼ?

「人間は自分にないものに魅力を感じる」とよく言われています。たとえば、「地味で目立たない主人公と学校のアイドルのような男子がお互いに惹かれあい、恋をする」なんて設定は漫画の世界ではお決まりのパターン。現実の世界でも、優柔不断な人がはっきりとした性格の人に惹かれたり、大らかで動じにくい人が喜怒哀楽の激しい人と付き合ったり、ということはよくあります。「でも、そもそもどうして自分との違いに惹かれるの?」と思っている方も多いはず。今回はそんな疑問に答えていきます。

 

自分にないものに惹かれるワケ

自分にない長所や考えを持った相手、自分とは正反対の正確の相手に惹かれることを心理学では「相補性の法則」と呼びます。これは自分に足りない部分を無意識に相手で補おうとする心理から起こる現象です。たとえば、華奢な女性ががっちりした男性を好む傾向にあるのはこのため。自分にはないたくましさを相手に求めているのです。

 

また、自分にない魅力を持つ人には憧れや尊敬といった気持ちを抱きやすく、これが恋につながることもあります。「自分の知らない世界を教えてくれる」「自分の人生の幅を広げてくれる」と感じられる相手に対して無意識に好意を抱いたとしても、それはなんら不思議なことではありません。周囲からは完璧だと思われる才色兼備の人でも、自分にない要素を相手に求めてしまうということもきっとあるでしょう。

 

正反対の人との恋愛にはメリットがいっぱい

自分と大きく異なる人と付き合うことには多くのメリットがあります。第一にお互いの欠点を補って高め合えることが挙げられます。人は誰しも完璧ではありません。ですが、自分にないものを持った相手とパートナーになることで、お互いにフォローしたり良いところを吸収し合ったりして、人間的に成長することができます。また、異なる価値観を持った人と深く関わることは、自分の視野を拡げることにもつながります。

 

さらに、正反対の人間性を持ったカップルは似た者同士のカップルよりもマンネリを感じにくく、長続きする傾向にあるのだとか。これはお互いのもつ異なる性質が、関係を続けていくうえでいい刺激になるからだそうです。日本のような島国では、国際結婚に魅力を感じる人が多いのも、自分にない要素を無意識に相手に求めているからかもしれません。

 

「相補性の法則」の出会いの場での活用法

さて、「相補性の法則」と正反対のタイプの相手と恋愛することのメリットについて触れてきましたが、婚活バスツアーなどの出会いの場では、それを踏まえてどんなことに気をつければいいのでしょうか?

 

「自分にないものを求める」ということは、すなわち、多くの男性は女性に「女性らしさ」を求めているということです。フェミニンなファッションや柔和な笑顔、細やかな気遣いなど、外見、内面ともに「女性らしさ」を少し意識してみるだけで恋の成功確率はアップします。単純なようですが、「多くの男性にモテたい!」「できるだけチャンスを増やしたい」という方には手っ取り早い方法といえます。

 

「女性らしく振る舞うのは苦手」「いつでも自分らしくいたい」という方は、その場にいる男性たちをよく観察し、できるだけ「自分と似ていない部分」がある男性に狙いを定めましょう。男性の目にも自分にない魅力があるあなたはきっと“気になる存在”として映るはずです。

 

renai6-2.jpg

 

「相補性の法則」は、上手く利用することで多くの男性から好感を持ってもらうことも、自分と相性の良い相手を見つけることもできる魔法のテクニックなのです。婚活バスツアーでもこの法則を意識しながら、ぜひ素敵な出会いをゲットしてください♪

 

 

関東(千葉・東京)、関西(大阪)発の婚活バスツアー「恋するバスコン」はコチラ。