結婚相手を模索中の方必見!結婚前に知っておきたい3つのこと|最良のパートナー選びのための恋愛術

結婚前に知っておくべき3つのこと

「彼と付き合い始めてからずっと順調だし、そろそろ結婚したいな~」と思っている方、本当に今のお相手で大丈夫ですか?お付き合いと結婚は大きく異なるものです。「付き合っているときには気にならなかったことでも、結婚したら気になってイライラするようになった」というご夫婦の話もよく耳にします。結婚をしたら今のお相手と生涯を共にしていくことになるため、結婚前に本当に彼でいいのかを熟慮することは重要です。結婚してから「こんなはずではなかった!」とならないように、結婚する前に知っておくべき3つのことを確認しておきましょう。

 

思いやりの有無に見る相手の本気度

思いやりの定義は多く存在しますが、結婚における思いやりの定義は「自分より、相手を幸せにしたいと思えること」です。相手の立場になって考え、理解し受け入れることができる相手かどうかを見極めることは、その後の結婚生活に大きく影響するでしょう。「誕生日や記念日にプレゼントをくれる」「甘い言葉を頻繁にささやいてくれる」というのは優しさかもしれませんが結婚要素に含まれる思いやりとは別物です。例えば、「疲れているあなたに代わってご飯を作ってくれる」「あなたが彼にすることに対してきちんと感謝してくれる」「家事を分担してくれる」「体調や心理状態を気にかけてくれる」こういった優しさが思いやりと言えます。そしてこの思いやりの根底には「相手を幸せにしたい」という気持ちが必要です。

 

仕事についての考え方

結婚後の仕事についてもよく話し合っておく必要があります。あなたの結婚後の仕事観と、彼が抱く結婚後の仕事観が大きくズレてしまっていると、そのズレが原因で口論になってしまうかもしれません。結婚したら仕事を辞め、パートで働きながら家事をこなす方がいいのか、結婚後も変わらずお互いに今の仕事を続けるのかを話し合い、2人が見つめる将来像を重ねておきましょう。また、仕事のほか家事分担についても確認しておきましょう。「パートで働き早く家に帰る分、多めに家事をこなす」「彼にはこういう家事をお願いしたい」などの具体的な話しができる相手かどうかも知っておく必要があります。

 

将来的に子供を欲っしているかどうか

そして、結婚する前に知っておくことのNo.1に入るほど大切なことは「子供が欲しいかどうか」です。女性は年齢を重ねればかさねるほど、妊娠出産が厳しくなってしまいます。そのため、子供をつくる気のない彼に、気持ちを起こさせる努力をする前に新しい相手を探した方が早いということも考えられます。「結婚前に子供が欲しいかどうかの会話をするのは恥ずかしい」という人もいるかと思いますが、結婚後に後悔するよりも結婚前に知っておいた方が、今後を冷静に考えることができるでしょう。

結婚をすることは人生の中で大きな決断の一つと言えます。思いやりも含め、仕事や子供など結婚してからの具体的な話しができる相手かを見極めましょう。結婚する前に知っておくべきことは上記の3点以外にもあるので、ゆっくり相手を知っていきながら結婚できるかどうかを熟慮してくださいね。

 

 

関東(千葉・東京)、関西(大阪)発の婚活バスツアー「恋するバスコン」はコチラ。

 

(Visited 60 times, 1 visits today)