人によって違う?気になる浮気のボーダーライン|最良のパートナー選びのための恋愛術

浮気のボーダーラインはどこ?

恋人の関係を一撃で破壊する行為が「浮気」です。しかし、浮気の定義は曖昧であり、どこからどこまでが浮気にあたるのかは、人によって違いがあります。注意しなければいけないのは、自分の中では浮気ではないと思っていたとしても、相手が浮気だと感じれば浮気になってしまうということです。では、相手が浮気と感じるのは、どんな場合なのでしょうか。

 

不倫と浮気は異なる?気になる線引き

よく混同されがちですが、「不倫」と「浮気」は違います。不倫は法律でしっかりと定められたものであり、「肉体関係」があった時点で不倫と認められ、立派な不貞行為として離婚時に慰謝料が発生してしまいます。

 

しかし、浮気にはどこからどこまでが浮気かについて法律で定められているわけでもなく、不倫に比べて定義が非常に曖昧なのが特徴です。しかし、浮気も不倫同様離婚の材料として認められ、慰謝料が発生してしまう可能性がある点について、覚えておいた方が良いでしょう。

 

スキンシップはどこまで?肉体的な浮気とは

不倫同様、恋人以外の異性と肉体関係を持ってしまった場合は、動機はどうあれ、ほぼ確実に相手からは浮気と見なされることを覚悟しなければいけません。肉体関係同様、キスもNGの場合がほとんどといえるでしょう。

 

難しいのは、「ハグ」や「手をつなぐ」など、海外ではよく見るようなスキンシップについてです。特に男性の場合は、恋人とその他異性との物理的接触を快く思わない人が多く、こういった行動であっても浮気と判断される場合があるため、自分の基準だけで判断しない方がいいでしょう。

 

気持ちが浮ついたら浮気に該当?

肉体的な浮気に比べるとピンと来ない人もいるかもしれませんが、この精神的な浮気には「恋人以外の異性と遊びに行く」「恋人よりも優先して扱う」など、精神的に動いてしまった場合に当てはまります。

 

特に女性にはこの精神的浮気を許せない人が多くいるため、余程のことがない限りは恋人以外の異性に軽々しく連絡先を聞いたり遊びに行ったりということは控えた方が良いでしょう。また、その気はなかったとしても、二人きりでの行動は極力慎むべきです。

 

恋人が「精神的な苦痛」を感じてしまった場合は、どれだけ本人にその気がなかったとしても浮気になってしまうのです。お互いの認識にズレを生じさせないためにも、日ごろから恋人間で浮気の境界線などについて話し合いをしておくことをオススメします。

 

 

関東(千葉・東京)、関西(大阪)発の婚活バスツアー「恋するバスコン」はコチラ。

 

(Visited 106 times, 1 visits today)