正反対の相手に惹かれる「相補性の法則」とは?|最良のパートナー選びのための恋愛術 - オフィシャルブログ

renai6-1.jpg

自分にないものを持っていると魅力的に映るのはナゼ?

「人間は自分にないものに魅力を感じる」とよく言われています。たとえば、「地味で目立たない主人公と学校のアイドルのような男子がお互いに惹かれあい、恋をする」なんて設定は漫画の世界ではお決まりのパターン。現実の世界でも、優柔不断な人がはっきりとした性格の人に惹かれたり、大らかで動じにくい人が喜怒哀楽の激しい人と付き合ったり、ということはよくあります。「でも、そもそもどうして自分との違いに惹かれるの?」と思っている方も多いはず。今回はそんな疑問に答えていきます。

 

自分にないものに惹かれるワケ

自分にない長所や考えを持った相手、自分とは正反対の正確の相手に惹かれることを心理学では「相補性の法則」と呼びます。これは自分に足りない部分を無意識に相手で補おうとする心理から起こる現象です。たとえば、華奢な女性ががっちりした男性を好む傾向にあるのはこのため。自分にはないたくましさを相手に求めているのです。

 

また、自分にない魅力を持つ人には憧れや尊敬といった気持ちを抱きやすく、これが恋につながることもあります。「自分の知らない世界を教えてくれる」「自分の人生の幅を広げてくれる」と感じられる相手に対して無意識に好意を抱いたとしても、それはなんら不思議なことではありません。周囲からは完璧だと思われる才色兼備の人でも、自分にない要素を相手に求めてしまうということもきっとあるでしょう。

 

正反対の人との恋愛にはメリットがいっぱい

自分と大きく異なる人と付き合うことには多くのメリットがあります。第一にお互いの欠点を補って高め合えることが挙げられます。人は誰しも完璧ではありません。ですが、自分にないものを持った相手とパートナーになることで、お互いにフォローしたり良いところを吸収し合ったりして、人間的に成長することができます。また、異なる価値観を持った人と深く関わることは、自分の視野を拡げることにもつながります。

 

さらに、正反対の人間性を持ったカップルは似た者同士のカップルよりもマンネリを感じにくく、長続きする傾向にあるのだとか。これはお互いのもつ異なる性質が、関係を続けていくうえでいい刺激になるからだそうです。日本のような島国では、国際結婚に魅力を感じる人が多いのも、自分にない要素を無意識に相手に求めているからかもしれません。

 

「相補性の法則」の出会いの場での活用法

さて、「相補性の法則」と正反対のタイプの相手と恋愛することのメリットについて触れてきましたが、婚活バスツアーなどの出会いの場では、それを踏まえてどんなことに気をつければいいのでしょうか?

 

「自分にないものを求める」ということは、すなわち、多くの男性は女性に「女性らしさ」を求めているということです。フェミニンなファッションや柔和な笑顔、細やかな気遣いなど、外見、内面ともに「女性らしさ」を少し意識してみるだけで恋の成功確率はアップします。単純なようですが、「多くの男性にモテたい!」「できるだけチャンスを増やしたい」という方には手っ取り早い方法といえます。

 

「女性らしく振る舞うのは苦手」「いつでも自分らしくいたい」という方は、その場にいる男性たちをよく観察し、できるだけ「自分と似ていない部分」がある男性に狙いを定めましょう。男性の目にも自分にない魅力があるあなたはきっと“気になる存在”として映るはずです。

 

renai6-2.jpg

 

「相補性の法則」は、上手く利用することで多くの男性から好感を持ってもらうことも、自分と相性の良い相手を見つけることもできる魔法のテクニックなのです。婚活バスツアーでもこの法則を意識しながら、ぜひ素敵な出会いをゲットしてください♪

 

 

関東(千葉・東京)、関西(大阪)発の婚活バスツアー「恋するバスコン」はコチラ。

 

TKKいい恋サークルのご案内

TKKの恋するバスコンが選ばれる7つの理由

メディア掲載情報

自治体・企業様へ!

宿泊予約

LINE@

TKK travel OFFICIAL twitter

TKK travel.com